プロフィール

みや

Author:みや
40歳 専業主婦
夫(45歳)息子(4歳)義母(72歳)

’04年12月結婚
’06年1月 不妊治療開始
PCOS(多嚢胞性卵巣症候群) 男性不妊

'06年 9月 AIH 1回目 ×
'06年11月 AIH 2回目 ×
'06年12月 子宮内膜ポリープ切除
'07年 3月 AIH 3回目 ×
'07年 6月 ICSI 1回目 ×
'07年 9月 AIH 4回目 ×
'07年11月 ICSI 2回目 陽性
'08年 8月17日 出産しました
'09年11月 凍結胚移植 ×
'10年 2月 ICSI 3回目 ×
'10年 7月 ICSI 4回目 ×
'10年12月 ICSI 5回目 ×
'11年 4月 凍結胚移植 ×
'12年 2月 ICSI 6回目 陽性
'12年10月26日予定日

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

応援お願いします

最近の記事

最近のコメント

コメントありがとう。

最近のトラックバック

カテゴリー

Tree-Arcive

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

みやの備忘録
いろんな事を忘れないように書いておかなくては…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ治りません
先日から風邪を引いている我が家。
とうとう義母さんまで風邪を引いてしまい、みんなでずるずる言っています。

ただの風邪なのですが、一瞬の高熱の後、だるさ、喉の痛み、痰のからみ、咳、という症状が長く続いてます。
最初に引いたひでくんもいまだにずるずる。
私も、花粉症+風邪でティシュが離せません。
早くよくならないかなぁ。
スポンサーサイト

テーマ:初めての育児 - ジャンル:結婚・家庭生活

風邪が回ってます
3月11日夕方のこと。
少し寒気がする、と思って熱を測ってみると少し高め。
疲れてるからかなぁと思っていたらどんどんあがって37.9度まで上昇。
翌日まで待ってでもよかったのですが、翌日はだんなは出張の予定。
ひどくなると困るので、22時ごろ救急へ行きました。

病院で体温測定すると今度は38.6度まで上がっていました。
発熱の原因はわからないけど、インフルエンザかも?予防接種してますと言うと、運が悪いとかかりますよと言われました
とりあえず授乳中でもよい頓服薬と漢方を1日分だけ処方してもらい帰宅。

発熱中でも夜中の授乳がなくなるわけではなく、辛い体でがんばりました。
が、夜泣きで疲れはて出張とわかっていながら、途中でだんなと交代。
なんとか一晩を乗り切りました。

翌日(12日)、ひでくんもコンコンと咳き込むことが多いので、一緒に小児科を受診。
インフルエンザの検査もしてもらいましたが、陰性。
どうやらただの風邪のようです。
そしてその夜、今度はだんなが辛くて寝れない…と。

さらに翌日(13日)、いつもより早めに帰宅しただんなは体調が悪く、病院へ行きました。
どうやら風邪のようです。

ひでくん→私→だんなと順番に回って、我が家はみんな風邪引きです。

テーマ:初めての育児 - ジャンル:結婚・家庭生活

発熱
3月7日土曜日。
ひでくんは朝からあまり機嫌よくないなぁと思っていたら、なんだか体が熱い。
体温測定してみると38℃。
とりあえず様子をみようかと思いましたが、夜になって悪くなってもいけないと思い、小児科に行ってきました。
少し咳も出ていたので、咳止め、解熱剤(座薬)、抗生剤、整腸剤の処方をしてもらい様子を見ることに。

・咳止めはすぐに飲用。
・解熱剤は38.5℃以上で使用。
・抗生剤は熱が上がったり下がったりすれば使用。
・整腸剤は下痢がなければ飲んでも飲まなくてもOK。

結局、夜には熱は下がり、それ以降はとっても元気。
なんだったのかなぁ。

2件で迷っている小児科ですが、今回は以前電話して後から電話をしてくれた小児科にしました。
(ここの先生は先日、講義のあった先生です)
実は、先日も些細な事で土曜の夜に電話したのですが、とっても親切に答えてくれました。
しかも、どうしても気になるなら深夜でも日曜でも診察しますよと、快く言っていただいたのです。

ここにしようかなぁっと思ったところに、便の件で行った小児科からその後の様子はどうですか?とお葉書きが。
うぅ、どこの先生も親切でまた迷う。

テーマ:初めての育児 - ジャンル:結婚・家庭生活

怖かったのね
先日、Hibワクチンを打ちに行きました。

その前々日に6ヶ月検診を受けていたのですが、また体重を測ってくださいとのことで、裸ん坊さんで測定。
なぜかとっても怖かったらしく、服を脱いでいる時点で大号泣jumee☆faceA76

そしてびっくりした事に、ひでくんの大事なところがとっても縮こまっていました。
だんなに寒かったり、怖かったら、きゅ~ってなる。と聞いたことはあっても、どんな感覚かわかりようがありません。
今回、初めてきゅ~ってなっているところを見ました!
男の子ってああなるんだぁ。

その後も診察室に入るなり大号泣。
接種後、待合室で待っていると診察の終わった先生が出てこられると、ムスっと睨みながらぶつぶつと言っていました。
ひでくんよ、先生は悪くないんだよ汗;

ここのところ人見知りの激しさに困っているのですが、なんと明日は託児をお願いします。
私はその間、小児科の先生の講義に参加。
「ひでくんのお母さん、ムリですよ」と途中で呼ばれやしないかとヒヤヒヤです。

テーマ:初めての育児 - ジャンル:結婚・家庭生活



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。